■月別アーカイブ
■プロフィール

麻馬4 + α

Author:麻馬4 + α
* カッコ内の段位は、あくまで天鳳でのものです。
あしからず。


面子紹介
waio(三段) 習性 :鳴き
↑  突っ込み担当。
れたす神(四段) 習性: 一色
↑  一般人(?)。
Radiata(二段) 習性: 満貫
↑  一般人(α)。
Spriggan(二段) 習性: オカルト
↑  ボケ担当。
黙テン平和(二段) 習性: ダマ
↑  変態(?)担当。


五人一組 
カオス化必至。
いや、むしろ麻雀あんまり関係ないかも。

相互リンク歓迎!!
ゆっくりしていってね~。




-方位学-

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■カテゴリ
■PeTbLog

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

点数計算
こんにちは 黙テン平和です。


今回はいよいよ点数計算です。


この間は符の計算について長々と書かせていただきました。

Sprigganに「長ぇ」と言われましたが,僕の力では

あれ以上短くできない 

のです。 すみません。



さて,本題! 書籍なんかを見てると点数計算の方法として『2のなんとか乗』とかっていう

計算がでてきて結構難しそうな気がします。

だから・・・  

気持ちわかりやすく なおかつ 結構簡単に計算できる方法を書きたいと思います。


まず 子の場合 

符の数にをかけてください

それをにしてさらにまたしてください。(つまり4倍ということです)

※ 符の数に8をかけたあと一気に4倍してもいいですが,計算があまり得意でない方は2倍して
  さらに2倍したほうがやりやすいです。


実はこれが1翻分の点数です。  マジです。

試しに・・・

40符1翻の場合       40  × 8 = 320
                 320 × 2 = 640
                 640 × 2 = 1280

10の位は切り上げなので 1300点 となります。   ねっ


2翻のときは?と思うかもしれません。

そのときは1翻のときの1280をするだけです

40符2翻の場合   1280 × 2 = 2560

10の位は切り上げなので  2600点。  できました。


もう一つだけ例です。

30符3翻の場合    30 × 8 =  240      符の数×8
             240 × 2 =  480      まずは倍する
             480 × 2 =  960      もう一回倍する(これが1翻分 1000点)
             960 × 2 =  1920     2翻の得点(ちなみに2000点です)
            1920 × 2 =  3840     そして3翻の得点

10の位は切り上げなので  3900点   ザンクです。  
           
これだけです。

少しは簡単に見えてこないでしょうか。 もしよろしければ参考にしてみてください。

七対子であろうと70符や90符などあまりなじみのない符のときでも

すべてこれで計算できます。



あれ?親のときは?と思うかもしれませんが

親のときは符の数に12をかけてあとは同じ方法で結構です。ちゃんとできます。


説明は以上です。 またちょっと長くなっちゃったw




最後に・・・ 4翻を計算しようとしたとき10000点を超えてしまうことがあります。


子の40符4翻をこの方法で計算すると10240になりますがこれは

満貫 8000点として扱います。

満貫や跳満,倍満などは点数が決まっているのでこれは覚えてください。

補足でした。




前回の符の計算の答え    1は  50符
                  2も  50符

でした。      それでは また




麻雀解説 | 00:57:34 | トラックバック(0) | コメント(0)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。